白ネギの和風ペペロンチーノ

シェアしていただけるとうれしいです

白ネギの和風ペペロンチーノ
白ネギの和風ペペロンチーノ。

「ネギ」といえばみなさんどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

大阪では「青ネギ」。大阪近辺ではありふれたネギで、青い葉の部分が多く、うどんやラーメン、お鍋や豆腐の薬味として使われることが多いです。
大阪ネギ

普通一般に売られている、白くて太い「ネギ」は「白ネギ」として区別されています。(もしかして全国的にそうなのかな?)

生で食べると「ピリッ」っと辛いですが、お鍋に入れたり焼いたりするととても甘くなります。今日はそんな「白ネギ」を使って和風ペペロンチーノにしてみました。

スポンサーリンク

白ネギの和風ペペロンチーノの作り方

白ネギは、普通にスーパーで売っている「白ネギ」を使いました。もちろん、「下仁田ネギ」など、郷土の有名なネギを使うとおいしいでしょうね。

純粋にネギの味を楽しみたいので、今回はその他の具は入れませんでした。

材料(2人前)

今日は次男と二人きりだったので、男2人前の分量です。普通の3人前くらいです。

  • 白ネギ:1本
  • スパゲティ:300g
  • にんにく:小1片
  • 唐辛子:輪切り1本分
  • オリーブオイル
  • だし醤油:お好みで

だし醤油は、味をつけるというよりも、隠し味として使いました。キャップを外して「ピューッ」とかけるだけですので「鎌田醤油 だし醤油」の紙パックが使いやすいです。


下準備

白ネギを洗ってカットします。白い部分は1cm幅に、青い葉の部分は細切りにしました。
白ネギを洗ってカットします。白い部分は1cm幅に、青い葉の部分は細切りにしました。

にんにくは輪切りにして、唐辛子は種を抜いて輪切りにします。最近はこちらの「鷹の爪」を愛用しています。

作り方

大きな鍋にパスタを茹でるお湯を沸かします。パスタ100グラムに1リットル必要です。
大きな鍋にパスタを茹でるお湯を沸かします。パスタ100グラムに1リットル必要です。

フライパンにリーブオイルをしき、にんにくと唐辛子をごく弱火で炒めます。
フライパンにリーブオイルをしき、にんにくと唐辛子をごく弱火で炒めます

火加減はこれくらい。隣のお鍋の火加減と比べてください。ほんとにごく弱火です。
火加減はこれくらい。隣のお鍋の火加減と比べてください。ほんとにごく弱火です。

お湯が沸いたらパスタを茹でます。
お湯が沸いたらパスタを茹でます。

パスタの茹で方はこちらの記事を参考にすると幸せになれます。

簡単においしくパスタを茹でる方法
簡単においしくパスタを茹でる方法
パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台無...

にんにくと唐辛子からいい香りがしてきました。
にんにくと唐辛子からいい香りがしてきました。

にんにくがほのかにきつね色になってきたら、白ネギの白い部分を炒めましょう。
にんにくがほのかにきつね色になってきたら、白ネギの白い部分を炒めましょう。

白ネギは、焼き色が着くまでしっかり炒めたほうが甘くておいしいですよ。
白ネギは、焼き色が着くまでしっかり炒めたほうが甘くておいしいですよ。

色ネギに十分焼き色がついたら一旦火を止めて、おたま一杯分のパスタの茹で汁を加えます。
色ネギに十分焼き色がついたら一旦火を止めて、おたま一杯分のパスタの茹で汁を加えます。

パスタが湯がき上がったらザルに上げて、しっかりとお湯を切ります。
パスタが湯がき上がったらザルに上げて、しっかりとお湯を切ります。

コンロに再点火(弱火でね)、フライパンにパスタを開けます。だし醤油をさっと回しかけます。パスタに塩味がついていますし、パスタの茹で汁にも塩味がありますから、隠し味程度が好ましいと思います。
コンロに再点火(弱火でね)、フライパンにパスタを開けます。だし醤油をさっと回しかけます。パスタに塩味がついていますし、パスタの茹で汁にも塩味がありますから、隠し味程度が好ましいと思います。

時折フライパンを前後にゆすりながら、しっかりと混ぜます。水分と油分が混じって「乳化」という現象が起きます。これがペペロンチーノの旨味になるんですね。
時折フライパンを前後にゆすりながら、しっかりと混ぜます。水分と油分が混じって「乳化」という現象が起きます。これがペペロンチーノの旨味になるんですね。

しっかりと混ざったらできあがり。お皿に盛り付けて、ネギの青い部分をトッピングしましょう。冷めないうちに召し上がれ。
白ネギの和風ペペロンチーノ

白ネギの甘みと唐辛子の辛味と青い部分の辛味

しっかりと焼いたネギの白い部分がとても甘いです。そのあと、唐辛子の辛味が「ツーン」ときます。さらに、ネギの青い部分の辛味が追い打ちをかけてきます。唐辛子の辛味とネギの辛味が大好きなぼくにはたまらない味です。

みなさん「白ネギ」の青い部分ってどうされているんでしょう?捨てちゃっているご家庭が多いのかな?

納豆の薬味はいつもは「大阪ネギの小口切り」なんですけど、白ネギの青い部分も「薬味」として納豆に入れたりしています。

今回の「白ネギの和風ペペロンチーノ」でも、白ネギ1本分、ムダにすることなく使い切ってみました。ネギの盛り方が「横綱」のラーメンみたいですけど。

あ、ちなみに「白ネギ」ではなくて「青ネギ」でもおいしいですよ。ぜひお試しください。

ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう。さいなら~ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローしていただけるとうれしいです