カルボナーラ風ミートソースのパスタ

シェアしていただけるとうれしいです

カルボナーラ風ミートソースのパスタ
カルボナーラが食べたい。ミートソースも食べたい。

そんなとき、あなたならどうしますか?

別々に作るのは面倒ですし、手間がかかりますよね?

なら、いっそのこと、カルボナーラとミートソースを混ぜてみたらどうなるだろう?

そう考えて、今回のレシピを考えてみました。

純粋なカルボナーラはたまごを入れますが、さすがに、たまごを入れると濃厚すぎるような気がして、今回のレシピからは外してあります。

スポンサーリンク

カルボナーラ風ミートソースのパスタ

要はミートソースのパスタなんですけれども、贅沢にチーズも入れてみたミートソースのパスタ、ということになりますね。

以前にミートソースのパスタを紹介したことがあります。

ミートソースのパスタの作り方[ボロネーゼ]
ミートソースのパスタの作り方[ボロネーゼ]
うちの家族は麺好きで、ラーメンはもちろんパスタも大好きなのですが、「晩ごはんにパスタを食べたい」ということになると、ぼくの出番になります...

このときは「真剣にイタリアン」ということが命題にありましたので、トマトの水煮缶を使いましたが、今回はお手軽にトマトケチャップを使ってみます。

材料(育ち盛りの男子4人前)

  • スパゲティ:500g
  • 合挽きミンチ:200gくらい
  • たまねぎ:1玉
  • とろけるチーズ:120g
  • トマトケチャップ:大さじ8杯くらい?
  • クレイジーソルト(塩コショウ)
  • にんにく:1片
  • 唐辛子(輪切り):1本分くらい
  • オリーブオイル

中学生、高校生、浪人生、中年男子(ぼく)の4人分の分量です。かなり多めです。少食な方は分量を減らしてくださいね。これで普通の5~6人前になると思いますw

ミンチは、牛6:豚4の合挽きミンチを使いました。「毎日特価」なのでお得です(相場知らんから分からんけど)。
ミンチは、牛6:豚4の合挽きミンチを使いました。

たまねぎは普通の中1玉です。
たまねぎは普通の中1玉です。

とろけるチーズは、最近お気に入りの「細切りチーズレッドチェダーチーズ入り120g」を使いました。よく溶けるので便利です。普通のピザ用のとろけるチーズで大丈夫ですよ。
とろけるチーズは、最近お気に入りの「細切りチーズレッドチェダーチーズ入り120g」を使いました。

下準備

たまねぎは泣きながらみじん切りにします。特に泣く必要は感じませんが、どうしても泣けてきてしまいます。そういうもんです。(包丁をよく砥げよ、って話ですがw)
たまねぎは泣きながらみじん切りにします。

ミンチはあらかじめ冷蔵庫から出して室温に戻しておき、クレイジーソルトを振っておきます。もちろん、塩コショウで十分です。
ミンチはあらかじめ冷蔵庫から出して室温に戻しておき、クレイジーソルトを振っておきます。

ケチャップとチーズはボールの中で合わせておきます。多分そのほうがパスタと混ぜやすいと思います。
ケチャップとチーズはボールの中で合わせておきます。多分そのほうがパスタと混ぜやすいと思います。
ケチャップとチーズはボールの中で合わせておきます。多分そのほうがパスタと混ぜやすいと思います。

にんにくは輪切りにスライスしておきます。唐辛子もね。
にんにくは輪切りにスライスしておきます。

作り方

フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくの輪切りと唐辛子を入れます。
フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくの輪切りと唐辛子を入れます。

ちなみに、今回、とてつもなくハンパない量になりそうな気がしたので、大きな中華鍋を使っています。

ごく弱火でコンロを点火します。火加減はこれくらい。じっくりと加熱して、にんにくと唐辛子の旨味を引き出します。ここ、重要です。
ごく弱火でコンロを点火します。火加減はこれくらい。じっくりと加熱して、にんにくと唐辛子の旨味を引き出します。ここ、重要です。

その間に、大きなお鍋にお湯を沸かしましょう。パスタ100gに水1リットル必要です。
その間に、大きなお鍋にお湯を沸かしましょう。パスタ100gに水1リットル必要です。

お湯が沸いたらパスタを茹でます。
お湯が沸いたらパスタを茹でます。

パスタの茹で方はこちらをご覧くださいませ。

簡単においしくパスタを茹でる方法
簡単においしくパスタを茹でる方法
パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台無...

にんにくと唐辛子からいい香りが立ってきました。
 にんにくと唐辛子からいい香りが立ってきました。

若干火を強めて(と言っても弱火でOK)、まずはたまねぎから炒めます。じっくりと炒めましょう。
若干火を強めて(と言っても弱火でOK)、まずはたまねぎから炒めます。じっくりと炒めましょう。

たまねぎに透明感が出てきたら、ミンチを炒めます。ミンチもじっくりと炒めましょう。
たまねぎに透明感が出てきたら、ミンチを炒めます。ミンチもじっくりと炒めましょう。

十分に炒め終わったら、パスタが茹で上がるまで火を止めておきます。
十分に炒め終わったら、パスタが茹で上がるまで火を止めておきます。

パスタが茹で上がったら、ザルに開け、お湯を切ります。
パスタが茹で上がったら、ザルに開け、お湯を切ります。

フライパンにパスタを入れて、コンロに点火(弱火でね)、ケチャップとチーズを混ぜたものを上からかけます。
フライパンにパスタを入れて、コンロに点火(弱火でね)、ケチャップとチーズを混ぜたものを上からかけます。

フライパンの中で全体をよく混ぜたらできあがり。お皿に盛り付けて、冷めないうちに召し上がれ。
カルボナーラ風ミートソースのパスタ

過去最高級の旨さ!

パスタ500gにミンチ200g(実際は190g)、それにたまねぎとチーズですから、めっちゃボリューミーです。うちの育ち盛りの息子三人にはピッタリのお昼ごはんです。

にんにくの旨味と唐辛子のピリッとした辛味と旨味。たまねぎをしっかり炒めたので、とても甘みと旨味があります。そこにミンチの旨味とケチャップの旨味、そして、チーズのコク。

旨味と甘味とコクのオンパレードですが、どれもが主張しすぎず、うまく調和が取れていて、最高級の旨さです。

トマトの水煮缶を使えばもっとおいしいのかもしれませんが、トマトケチャップで十分です。お手軽に作れますし。ミンチとチーズを使うので、材料費が高く付くのがちょっと痛いですね。

小さいお子さんには唐辛子を抜いたらいいと思います。もりもり食べてくれると思いますよ!

ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう。さいなら~ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。