手作りバジルソースで作るジェノベーゼのパスタ

シェアしていただけるとうれしいです

手作りバジルソースで作るジェノベーゼのパスタ(スパゲティ)
イタリアンでよく使う香草にバジルがあります。日本の大葉と同じような種類だそうですが、独特の香りがあって、パスタやピザに使われているのは皆さんも御存知の通り。

家庭菜園で簡単に作れるので、栽培しているよ!という方も多いかもしれませんね。うちの家でも三男坊が裏庭で育てていましたが、この夏の暑さのためか、全滅してしまいましたorz

そんなおり、先日嫁さんが農協の直売店でこんなものを見つけてきまして。
バジル一袋50円
バジル一袋50円。スーパーではこのような野菜は出回らないですね。地元の農家さんが作ったものを農協の直売所に並べたのでしょうね。

重さを図ってみたら、50gありました。嫁さんはこれをサラダにしようと思って買ってきたらしいのですが、流石にサラダにするには香りがきつすぎるんじゃないの?

バジルと言えば、バジルソース。バジルソースを絡めたジェノベーゼのパスタが有名ですよね?

ジェノベーゼはイタリアのジェノバでよく使われるソースで、パスタだけではなく、様々なイタリア料理に使われます。ジェノバのソースだからジェノベーゼなんですね。
まぁ、言うなれば、たこ焼き、イカ焼き、ねぎ焼き、お好み焼きなどの粉もんを「オーサカン」というのに似てますね。知らんけど。(ウソですよ)

というわけで、土曜日の朝からバジルソースを作ってみました。

スポンサーリンク

手作りバジルソースの作り方

バジルソースってね、どうやって作ればいいのかよくわからないので、ネットでググってみました。巨匠○ックパッド先生は除外して、なんとなく「老舗風」のサイトを探してみたら、こちらのサイトに行き当たりました。

参考URLジェノベーゼのレシピ(ジェノバソース)

スマホ対応されていないのがいかにも「老舗風」じゃないですか!(失礼)
こちらのサイトを参考にして「まろくっく風」にアレンジをしてみました。

材料

メインの材料は、もちろん「嫁さんが買ってきた一袋50円のバジル」です。ここまで安かったバジルですからね、できたらこれ以上高い食材は使いたくないです。極限までケチってみました。

  • バジル:50g
  • にんにく:1片
  • 松の実の代わりのミックスナッツ:1袋
  • 塩:小さじ2分の1
  • オリーブオイル:100cc
  • 粉チーズ:適量

スーパーでね、松の実を買おうとしたんですよ。中華食材のコーナーにおいてました。一袋、なんと!298円orz
バジルより高いものは買わないという方針でしたので諦めました。ネットでいろいろ調べていると、クルミやカシューナッツで代用できるという記事もありましたので、あ!そう言えばおつまみのミックスナッツが残っていた!のを思い出して、そこからくるみとカシューナッツをピックアップすることにしました。

バジルソースの作り方

バジルを水道水でさっと洗います。結構、土がついていました。むいむいがついていても嫌ですしね。よく見ながら洗いました。
バジルの葉っぱを水道水でさっと洗います。

クキが硬そうなので、葉っぱだけちぎってキッチンペーパーの上に乗せて水気を切ります。水分が混じると水っぽくなりそうですしね。
葉っぱだけちぎってキッチンペーパーの上に乗せて水気を切ります。

バジルの葉っぱをミキサーの瓶の中に詰めます。が、全部入り切りません・・・orz
バジルの葉っぱをミキサーの瓶の中に詰めます。

押し込んでもちょっと無理そうなので、葉っぱをキッチンバサミで細かく切ってみました。
葉っぱをキッチンバサミで細かく切ってみました。

無事にミキサーの瓶の中に収まりましたヽ(=´▽`=)ノ
無事にミキサーの瓶の中に収まりました

にんにくを輪切りにして入れます。
にんにくを輪切りにして入れます。

さて、ここで取り出したるのは、休日の焼酎のアテ「ミックスナッツ」。涙をのんでパスタのために供されます。
ミックスナッツ

袋を開けてみると、クルミ、カシューナッツがありました。アーモンドも入れてみますかね?
 袋を開けてみると、クルミ、カシューナッツがありました。アーモンドも入れてみますかね?

全部でこれだけになりました。
 袋を開けてみると、クルミ、カシューナッツがありました。アーモンドも入れてみますかね?

ナッツをミキサーの瓶の中に入れます。
ナッツをミキサーの瓶の中に入れます。

さらに塩を加えます。我が家では定番のクレイジーソルトです。岩塩とハーブとスパイスが効いて美味しいんですよ。
小さじに半分くらい入れました。
さらに塩を加えます。我が家では定番のクレイジーソルトです。


さらに、オリーブオイルを加えます。100ccくらいらしいのですが、500ccの瓶に5分の2くらい残っていたので、半分入れました。
さらに、オリーブオイルを加えます。

はい、横から見たらこんな感じです。
はい、横から見たらこんな感じです。

ミキサーに掛けます。最初からブンブン回すのではなく、ちょっとずつ回しながら様子を見ます。
ミキサーに掛けます。最初からブンブン回すのではなく、ちょっとずつ回しながら様子を見ます。

全体に混ざってきたら、ブイーンと全速力で回します。
全体に混ざってきたら、ブイーンと全速力で回します。

ちょっと外してみて、味見します。ん~なんかコクがないな、と長男と顔を見合わせます。
ちょっと外してみて、味見します。

コクを出すにはどうするか?アンチョビなんか入れると美味しくなるのでしょうが、日本的一般家庭にアンチョビなど常備されているわけもなく、冷蔵庫を開けて眺めてみたら「ナンプラー」なんかがあったわけですが、イタリアンがタイ料理になってしまっては元も子もないわけで、ここは冷静に粉チーズを入れてみました。これくらい。
冷静に粉チーズを入れてみました

そしてまたミキサーでブイーンとかき混ぜて、味見をしてみると、うん!うまい!チーズでコクが出るんですね٩(ˊᗜˋ*)و
フタをして、お昼まで冷蔵庫に寝かせておくことにしました。
フタをして、お昼まで冷蔵庫に寝かせておくことにしました。

ジェノベーゼのパスタの作り方

というわけで、お昼になったので、先程作ったバジルソースを使ってジェノベーゼのパスタを作ります。

材料(4人分)

  • さっき作ったバジルソース
  • スパゲティ:400~500g
  • にんにく:1片
  • 鷹の爪:1本(輪切り)
  • オリーブオイル:適量
  • 塩:適量

ジェノベーゼのパスタの作り方

できるだけ大き鍋でスパゲティを茹でるお湯を沸かします。
できるだけ大き鍋でスパゲティを茹でるお湯を沸かします。

お湯が沸いたらスパゲティを茹でます。
お湯が沸いたらスパゲティを茹でます。
スパゲティを茹でる方法はこちらの記事を御覧ください。

簡単においしくパスタを茹でる方法
簡単においしくパスタを茹でる方法
パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台無...

フラパンに、オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて火にかけます。バジルソースにオリーブオイルが入っているので、少し控えめに。
フラパンに、オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて火にかけます。

火加減はこれくらい。ごく弱火です。じっくり、にんにくと鷹の爪を炒めます。
じっくり、にんにくと鷹の爪を炒めます。

にんにくと鷹の爪が焦げ始めて、いい香りがしてきました。
にんにくと鷹の爪が焦げ始めて、いい香りがしてきました。

スパゲティの茹で汁を、おたま1.5杯分くらいフライパンに入れて火を止めます。
スパゲティの茹で汁を、おたま1.5杯分くらいフライパンに入れて火を止めます。

スパゲティが茹で上がったら、ザルに開け、お湯を切ります。
スパゲティが茹で上がったら、ザルに開け、お湯を切ります。

フライパンに再点火、スパゲティを入れて、バジルソースをかけて混ぜていきます。
フライパンに再点火、スパゲティを入れて、バジルソースをかけて混ぜていきます。

ソースが均一に混ざるように、フライパンを前後にゆすりながら菜箸でかき混ぜます。
ソースが均一に混ざるように、フライパンを前後にゆすりながら菜箸でかき混ぜます。

よく混ざったら、お皿に盛り付けて出来上がり。冷めないうちにめしあがれ。
 よく混ざったら、お皿に盛り付けて出来上がり。

意外と手軽にできた自家製バジルソースはとてもうまかった!

バジルの香りがとてもいいです。バジルソースに加えた粉チーズが効いていますね。とってもコクがあって、でも、しつこくなく、あっさりした味わいです。

お皿に残ったバジルソースをパンにつけて食べたら2度おいしいですよ٩(ˊᗜˋ*)و

自家栽培しないとなかなか大量に手が入らないバジルですが、農協の直売店で売っているとは盲点でした。小洒落たスーパーに行くと手に入るのかもしれませんが、これだけたくさんの袋詰めにしたバジルは見たことがありません。

また見つけたら買っておいてもらいます。今度は色々と具材も入れてみたいですね。

それではまた、ごきげんよう。さいなら~。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローしていただけるとうれしいです